【JFA 全日本サッカー選手権大会2回戦】京都サンガF.C. 2-0 大宮アルディージャ

京都サンガF.C. 2-0 大宮アルディージャ
日時:2024年6月12日(水)19:00KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(2,718人/晴れのち曇り 25.7℃ 53%)
主審:須谷雄三
23′-京都/谷内田哲平(右足)
53′-京都/山﨑凌吾(左足←マルコ・トゥーリオ)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK26:太田岳志
DF28:鈴木冬一
DF5:アピアタウィア久
DF50:鈴木義宜
DF6:三竿雄斗(75′-DF24:宮本優太)
MF10:福岡慎平
FW13:宮吉拓実(75′-MF39:平戸太貴)
MF25:谷内田哲平(90′-DF3:麻田将吾)
FW22:一美和成
FW11:山﨑凌吾(56′-MF18:松田天馬)
FW9:マルコ・トゥーリオ・オリヴェイラ・レモス(90′-FW23:豊川雄太)

【J1第17節】京都サンガF.C. 1-1 セレッソ大阪

京都サンガF.C. 1-1 セレッソ大阪
日時:2024年6月1日(土)19:04KO
会場:京都府立京都スタジアム “サンガS”(1万4,160人/晴 22.2℃ 72%)
主審:笠原寛貴
33′-C大/レオナルド・ヂ・ソウザ・ペレイラ “レオ・セアラ”
55′-京都/松田天馬(右足←川﨑)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK94:ク・ソンユン
DF2:福田心之助
DF24:宮本優太
DF3:麻田将吾
DF44:佐藤響
MF19:金子大毅
MF7:川﨑颯太(77′-MF10:福岡慎平)
MF39:平戸太貴
FW23:豊川雄太(72′-FW22:一美和成)
FW14:原大智
FW18:松田天馬(77′-FW31:平賀大空)

■セレッソ大阪(4-2-1-3)
GK21:キム・ジンヒョン
DF2:毎熊晟矢
DF33:西尾隆矢
DF24:鳥海晃司
DF14:舩木翔
MF10:田中駿汰
MF25:奥埜博亮
MF55:ヴィトール・フレザリン・ブエノ(75′-MF13:清武弘嗣)
FW77:ルーカス・フェルナンデス(89′-FW34:山田寛人)
FW9:レオナルド・ヂ・ソウザ・ペレイラ “レオ・セアラ”(89′-MF7:上門知樹)
FW27:ジョアン・ヴィクトル・ダ・ヴィトーリア・フェルナンデス “カピシャーバ”(75′-MF19:為田大貴)

負けずとも、負けずとも

失点シーンは残念なものだった。
川﨑のプレスが交わされたところで、バイタルエリアがガラガラ。
あとは後手後手の対応で相手の抜け出しを許して、ゴールに繋がってしまった。
チャレンジ&カバーの原則が徹底されていなかったか、あるいは、ぽっかり集中が切れてしまっていたか。
前半途中から押されていただけに、先制を奪われたことで「またホームで黒星か……」という思いがよぎったサポーターも多かったろう。

しかし、きょうは追いつくことができた。
一方で、勝ち越しまでに持っていく力もなかった。
きょうのような展開なら、パトリックのような選手を途中投入したかったな。
ク・ソンユンからのロングキックも精度を欠き、前線でなかなか基点をつくれなかった。
交代選手を見比れば、セレッソとの差は大きいと感じざるをえない。

本日付でGMに就任した大熊清さんが記者会見で
「今の足りない部分を補うこと(戦力補強)は最重要課題だと認識している」
と発言。
ようやく「負けなくなってきた」けれど、そこから一歩進んで「勝てる」ようにーー。
移籍マーケットでどんな展開があるか、期待したい。

【J1第16節】京都サンガF.C. 1-1 名古屋グランパスエイト

京都サンガF.C. 1-1 名古屋グランパスエイト
日時:2024年5月26日(日)15:03KO
会場:愛知県豊田市豊田スタジアム(2万3,405人/晴 24.7℃ 42%)
主審:上村篤史
35′-京都/豊川雄太(右足←平戸)
76′-名古屋/椎橋慧也

■名古屋グランパスエイト(3-4-2-1)
GK1:”ミッチ” ミッチェル・ジェイムズ・ランゲラック
DF5:吉田温紀(46′-MF34:内田宅哉)
DF3:ハ・チャンレ
DF20:三國ケネディエブス
MF7:和泉竜司(81′-MF17:倍井謙)
MF15:稲垣祥
MF8:椎橋慧也
MF41:小野雅史(28′-MF27:中山克広)
FW14:森島司
FW18:永井謙佑(57′-FW77:キャスパー・オーランド・ユンカー)
FW10:アンデルソン・パトリッキ・アギアール・オリヴェイラ “パトリック”(57′-FW11:山岸祐也)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK94:ク・ソンユン
DF2:福田心之助
DF24:宮本優太
DF3:麻田将吾
DF44:佐藤響
MF19:金子大毅
MF7:川﨑颯太
MF39:平戸太貴(82′-FW31:平賀大空)
FW23:豊川雄太(60′-FW13:宮吉拓実)
FW14:原大智(89′-FW11:山﨑凌吾)
FW18:松田天馬

椎橋慧也選手(名古屋)
「スカウティングの段階からペナの外は空いてくるという情報があった。
キャスパーから戻ってきたボールを、相手に当たって入ってよかったです」

曺貴裁コーチ(京都)
「勝ち点3は取れなかったですが、それに値するような内容でした。
われわれが目指している、11人が12人、13人に見えるようなフットボールを取り戻せたと思います。
ピッチに出た選手、出なかった選手、京都に残っている選手含めて、これがサンガだというものを見せられた。
ここから、また成長していきます」

愁嘆場からの勝ち点1

確かに、プレッシングの面では機能していた。
京都は変わったのか?
いや、そう判断するのはまだ時期尚早だろう。
きょうに関しては、相手のおかげだった可能性もある。
名古屋の場合、センターバックからの持ち上がりや、中盤でのプレスを剥がす動きが少なかった。
それゆえ、強いプレスが〝効きやすかった〟だけかもしれない。

また、京都が変わってない点がひとつあった。
失点の仕方だ。
同点にされたシーンは、いつかどこかで見たようなもの。
相手に押し込まれると、京都の選手たちが下がりすぎてしまってボックスに選手が密集。
その結果、椎橋選手が語っているように、ボックスの外にいる相手をフリーにして、ミドルシュートを打たれたり、セカンドボールを拾われ2次攻撃、3次攻撃に繋げられてしまうのだ。
守備時のポジショニング、ゾーンの受け渡しなどで改善が必要だろう。

久しぶりに勝ち点1は取れたもの、まだ最下位。
名古屋と比べれば、交代選手が量・質ともに厳しいという事実もある。
次のセレッソ戦、どういう戦いを見せ、どういう結果を残せるか……?
今季の分水嶺となりそうだ。

【J1第15節】京都サンガF.C. 0-5 サンフレッチェ広島

京都サンガF.C. 0-5 サンフレッチェ広島
日時:2024年5月19日(日)14:03KO
会場:京都府立京都スタジアム “サンガS”(1万2,753人/雨 17.1℃ 88%)
主審:小屋幸栄
9′-広島/川村拓夢
12′-広島/新井直人
25′-広島/新井直人
55′-広島/松本泰志
69′-広島/新井直人(FK直接)

■京都サンガF.C.(3-4-3)
GK94:ク・ソンユン
DF4:松田佳大(46′-MF16:武田将平)
DF50:鈴木義宜
DF3:麻田将吾
MF2:福田心之助(58′-DF24:宮本優太)
MF19:金子大毅(75′-FW31:平賀大空)
MF7:川﨑颯太
MF44:佐藤響
FW23:豊川雄太(70′-FW13:宮吉拓実)
FW11:山﨑凌吾
FW14:原大智(75′-FW22:一美和成)

■サンフレッチェ広島(3-4-2-1)
GK1:大迫敬介
DF15:中野就斗
DF4:荒木隼人
DF19:佐々木翔
MF13:新井直人
MF7:野津田岳人(46′-MF24:東俊希)
MF8:川村拓夢(72′-MF11:満田誠)
MF16:志知孝明
FW77:大橋祐紀(46′-FW51:加藤陸次樹)
FW14:松本泰志(70′-MF40:小原基樹)
FW20:ピエロス・ソティリウ(64′-MF32:越道草太)

曺貴裁コーチ(京都)
「いろんなトライをして臨んだ試合でした。
しかし前半に3失点、後半もセットプレイ含めて2失点。
気持ちが切れてしまっても仕方がないところを、選手たちは最後まで踏ん張って戦いました。
今までの敗戦もそうですが、この結果は監督の俺の責任だと思います。
用意してきたゲームプランが、早い時間の失点で台無しになってしまいました。
ただ、後半に勇気をもって相手のフィールドに入っていった姿勢、あれが選手たちの本来の姿です。
きょうの試合を自分で検証して反省してもみなさんにとって何の意味もないと思いますけど……。
監督である自分の責任を感じます。
次の試合に向けては、早くリカバーして、自分たちがやってきたことをもう一度見つめ直してやっていきたいと思います」

お前らゼロか? ゼロの人間なのか?

「俺はこれからお前たちを殴る!」

……とはならんだろうけど、試合後のロッカールームがどんな雰囲気だったか気になる。
前節0-3に続き、0-5。
復調の気配すらなく、重苦しい空気が京都サンガを覆っている。

曺さんは「100%監督の責任」と言ったけど、きょうに関しては選手の出来、判断も良くなかった。
なぜ、相手にマークされている金子にボールを預けるのか。
なぜ、最終ラインから無理な縦パスを通そうとするのか。
広島の狙い=「ミドルゾーンから前に勢いがついた形でボールを奪い、そのままゴールを急襲する」ための〝罠〟にみすみす引っ掛かっているようだった。

もちろん、ベンチワークにも大いに疑問が残った。
なぜ、今季機能してなかった「3CF」を前に並べる3トップに戻してしまったか。
最終ラインがボールをもっても、3人が前線に張り付いているからロングボールを放り込むしかない。
裏抜けもないし、中盤の選手との入れ替わりもないし、ボールの出しどころに困るから、いちかばちかの縦パスという選択肢をとらざるをえないのだ。

そして、相手に攻められているうち、バイタルが空く悪癖も相変わらず。
きょうは前半3バックだったため、並びとしては5-2-3あるいは3-4-3で、結果的に中盤センターで数的不利を強いられていた。
広島では、シャドーの大橋、松本が中盤に降りてガシガシと守備をしているのと比べると、差は歴然。

〝ゲーゲンプレス〟についても広島が1枚上手だった。
広島のハイプレスはパスの方向を切りつつ、中盤の〝奪いどころ〟にパスが入るよう、相手を誘導する感じ。
一方、京都は相手ボールホルダーに向かって後追いで全力プレスするけど、その後ろ(中盤以降)が連動しているとまでは言えないものだ。
広島のやり方は、京都にとってはよいお手本になるだろう。

絶望的な中で、強いて好材料を見出すとしたら、平賀のアジリティー(旋回力)と宮吉のラインブレークの動きかな。
2人の良さを活かすには、平賀左MF、宮吉は背が高い選手と組む4-4-2とかだろうけど、曺さんはこのフォーメーションを基本採らないんだよな。
次節の相手・名古屋も縦に早いチーム。
はたして、1週間の間にどういったアジャストがなされるだろうか。

【京都サンガ】大熊清氏が6月1日よりGMに就任

〝落ちひん〟補強、来る?

このたび京都サンガ F.C.では、大熊清氏が 2024 年 6 月 1 日付でゼネラルマネージャーに就任することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

京都サンガ F.C.のスポンサー、ファン・サポーターの皆様、この度、京都サンガ F.C.のゼネラルマネージャーに就任することになりました大熊清です。
伝統と歴史あるチームに大変光栄なお話をいただき感謝いたします。
チームが闘う集団へ更に進化するために、フロント、スタッフ、選手と一丸となって仕事に取り組む所存です。
スポンサー、ファン・サポーターの皆様に愛される強いチーム作りをクラブとともにやっていきたいと思います。
今後もご支援・応援をよろしくお願いします。

https://www.sanga-fc.jp/news/detail/18885
Embed from Getty Images