【J2第27節】京都サンガF.C. 0-1 レノファ山口FC

京都サンガF.C. 0-1 レノファ山口FC
日時:2020年10月18日(日)14:03KO
会場:京都府立京都スタジアム “サンガS”(4,079人/晴 21.9℃ 45%)
主審:松本大 “マネックス別人”
41′-山口/菊地光将

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK21:清水圭介
DF25:上夷克典
DF23:ヨルディ・バイス
DF6:本多勇喜(81′-MF31:福岡慎平)
MF10:庄司悦大
MF2:飯田貴敬
MF11:曽根田穣(60′-MF14:中川風希)
MF22:谷内田哲平(46′-MF15:仙頭啓矢)
MF5:黒木恭平
FW13:宮吉拓実(60′-FW18:野田隆之介)
FW9:ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

■レノファ山口FC(4-2-1-3)
GK33:山田元気
DF29:田中陸
DF30:ヘニキ・ルイス・ヂ・アンドラーデ
DF2:菊地光将(77′-MF41:武岡優斗)
DF24:安在和樹
MF3:ヘナン・ドス・サントス・パイシャオ
MF6:高宇洋
MF10:池上丈二(90+4′-DF4:サンドロ・シウヴァ・ヂ・ソウザ)
FW16:浮田健誠(77′-FW18:小松蓮)
FW9:イウリ・リーリオ・フレイタス・ヂ・カスティーリョ
FW11:高井和馬(77′-FW7:田中パウロ淳一)

實好礼忠コーチ(京都)
「選手たちは立ち上がりから攻守にアグレッシブに、最後まで“関わってくれた”と思います。
攻撃的にできてはいたので……、違う変化をつけて、選手を代えてシステム変更もしたんですが……。
でも苦しかった試合を、みんなしっかりと戦ってくれていました。
次に試合に向けては、引き続きというか(苦笑)……。
しっかり顔を上げてやっていこうと選手たちには話しました。
そうした意識のもとでやっていきたいです」

霜田正浩コーチ(山口)
「京都の圧力は強かったが、耐え続けることができた。
きょうの試合に向けて選手たちに言っていたのは、予測と準備。
個のチカラがある京都に対して、しっかりと予測をして守り切れたと思います」

八方塞がり

いやぁ……、さすがにキツすぎる結果だなー。
ゲーム開始早々は、悪くなかったんですよ。
・宮吉、曽根田という運動量が多く、守備に献身的な選手を先発で使ったこと。
・山口の2CB+2ボランチを、京都の2トップ+2インサイドハーフでケアできていたこと。
・全体的に「最初から飛ばしていこう」という雰囲気があったこと。
これら3点のおかげで、前からボールを奪うシーンも多かった。
しかし、庄司のもったいないファウル(数的に有利でありながら、無理なチャージ)で与えたセットプレイから失点してしまい、良い流れが切れてしまった。

その後、シュートまで行くシーンもあったものの、攻撃の精度が……。
バイタルエリアでワンツーは、悲しいぐらいパスの出し手と受け手の息が合わない。
ラストパス、クロスもアバウトさがあったうえに、ニア、ファーで待つなど選手の位置取りが整理されていない。
山口は失点がJ2ワースト(47失点)のチーム。
その相手に、ホームで1ゴールも奪えないとなると、京都の攻撃のやり方がマズいと判断せざるをえない。

守備でもゲーム開始直後のような前へのプレスは徐々に空転し、山口のウイングに起点をつくられていた。
こうなると今の京都のやり方――5バックでのリトリートだと、“ボールを奪いどころ”がどうしても低くなる。
飯田が最終ラインでボールを受けて、山口の選手が前にいるため、ピッチ中央に向けてドリブルすることが最近多いけど、いつかそこからミスしそうで怖いよね。

今シーズンの京都は、「バイス-庄司-ウタカ」のセンターラインを“命題”として、そこに合った選手は誰か?という答えを探し続けているようだ。
ウタカの相棒と、インサイドハーフ2枚の先発を毎試合毎試合代えているけど、結局誰にしてもうまくハマってないということ。
27節をへて、結局最適解が見つからないなら、“命題”の設定が間違っていると考えないとな。
また選手起用同様、攻撃時3バック・守備時5バックのシステムが今の選手層に合っているのかも再考したい。
3バックはベースとして、守備時は黒木が左サイドバックに入って3CBが右にスライドして4バック化するなども考えられるだろう。
ウタカがサイドに流れてパス回しに参加するため、アタッキングサードの局面でペナの外にずっといたりするのも、ゴールを奪えない原因のひとつかもしれない。
ならば、ウタカを真ん中にいさせるために、ウイングを置いた3トップも検討の価値はあるだろう。

とにかく、サッカーのやり方を変えず、FW1人インサイドハーフ2人を入れ替えて「変化を出そう」としても、何も変えられていないのだ。
「アグレッシブに」「上を向いてやるしかない」という思考停止に陥るのではなく、もっと自己否定して自己変革をしなくては!と、あらためて思わされた。
ここ数節、とにかく無策すぎる。

【J2第26節】FC町田ゼルビア 3-0 京都サンガF.C.

FC町田ゼルビア 3-0 京都サンガF.C.
日時:2020年10月14日(水)19:03KO
会場:東京都町田市立陸上競技場 “Gスタ”
主審:榎本一慶
4′-町田/オウンゴール(庄司)
48′-町田/髙江麗央
90′-町田/平戸太貴

■FC町田ゼルビア(4-2-2-2)
GK1:秋元陽太
DF23:酒井隆介(87′-DF22:小田逸稀)
DF5:深津康太
DF4:水本4億円
DF2:奥山政幸
MF18:髙江麗央(90+6′-MF29:森村昂太)
MF25:佐野海舟
MF14:吉尾海夏(75′-FW13:岡田優希)
MF8:ジョン・チュングン(75′-FW7:アレン・マソヴィッチ)
FW16:安藤瑞季(87′-FW30:中島裕希)
FW10:平戸太貴

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK34:若原智哉
DF46:森脇良太
DF23:ヨルディ・バイス
DF16:安藤淳
MF10:庄司悦大(46′-MF31:福岡慎平)
MF2:飯田貴敬
MF15:仙頭啓矢(77′-MF14:中川風希)
MF41:金久保順(46′-MF22:谷内田哲平)
MF5:黒木恭平
FW20:李忠成(59′-FW18:野田隆之介)
FW9:ピーター・マドゥアブチ・ウタカ(83′-FW13:宮吉拓実)

ランコ・ポポヴィッチ・コーチ(町田)
「前節、金沢戦の後半で出したアグレッシブさがあれば、きょうはイケると思っていたよ。
それにプラスして、選手たちは賢さ、したかさを見せてくれた。
まるで、 いまヨーロッパで展開されているサッカーのようだったね。
われわれ町田の強みはコレクティブに、チーム全体で戦うことなんだ」

實好礼忠コーチ(京都)
「うーーーーん……、きょうのの試合は……分析できない状況です。
……細かいところというよりは、『戦えなかった』……そのひとことです。
(ハーフタイムで2人を交代させたが?)
1点を追いかける……というよりは、いろんなところがあって……。
チームを『戦う』方向に持っていければと思いました。
(修正すべきはメンタル面か?)
うーーん、メンタル……。
みんな、やろうとはしている。
……ただ、体が動かない。
体が動くように、僕自身も策を練らないといけないです。
(久しぶりの宮吉選手について)
たくさんのアクションをしてくれて、前線でひっぱろうという宮吉らしさは出してくれたと思います」

下降線の一途

うん…そうだね…。
試合後、實好さんの落胆ぶりもわかるほどの内容だった。
たしかにここ数戦、チームは下降線だった。
でも、中位チーム相手ならなんとか戦えるだろうと思っていたのだ。
しかし現実は、攻撃ではシュートにまで持っていくことができず、守備では相手にプレスにミス連発。
26節でやっているサッカーがコレでは、今後「伸びしろ」をまったく感じない。
キツイ。

うまくいかない中で京都がやっている策といえば、ウタカの相手と、インサイドハーフの選手を次々と代えているだけ。
特にインサイドハーフは、例えば谷内田が入ればバイタルでのボールキープ、金久保が入ればフォーワードが下がったスペースへの抜け出し。
選手によって、やっていることが違う。
チームとしてやりたいことがまとまっておらず、結局は個人任せになってしまっていると感じてしまうのだ。
低い位置でボールを奪っても、昨シーズンあったような、最終ラインからボールを運ぶ「チームとしての決め事」もはっきりと見えない。

戦力は他チームに対して、大きく劣っているとは思わない。
ということはつまり、いままで作り上げてきたサッカーが今季のJ2において通用しない「失敗作」……だったのかなって。
このままバイス-庄司-ウタカが軸の「5-3-2」を続けるなら、自軍の戦力を過信し相手の戦力を読みきれなかった旧日本軍のよう。
ここからチームを大きく作り変えることも難しいだろうし、それならば、同じポジションでベテランを使うより、若手をなるべく使って来季以降に繋げることなのかなと。
――そう覚悟を決めさせれた一戦だった。

【J2第25節】京都サンガF.C. 1-2 アルビレックス新潟

京都サンガF.C. 0-2 アルビレックス新潟
日時:2020年10月10日(土)14:03KO
会場:京都府立京都スタジアム “サンガS”(4,072人)
主審:井上知大
68′-新潟/田上大地
70′-京都/ピーター・マドゥアブチ・ウタカ
75′-新潟/堀米悠斗

新潟の選手数に対してこれだけ引いていては、ボールを奪っても前に進めるわけもないという図式

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK34:若原智哉
DF25:上夷克典
DF23:ヨルディ・バイス
DF6:本多勇喜
MF10:庄司悦大
MF2:飯田貴敬
MF11:曽根田穣(81′-MF22:谷内田哲平)
MF15:仙頭啓矢(89′-MF14:中川風希)
MF5:黒木恭平(89′-MF32:上月壮一郎)
FW18:野田隆之介(64′-MF31:福岡慎平)
FW9:ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

■アルビレックス新潟(4-2-3-1)
GK22:小島亨介
DF50:田上大地
DF3:マウロ・ハビエル・ドス・サントス
DF5:舞行龍ジェームズ
DF28:早川史哉
MF20:島田譲
MF17:福田晃斗
MF13:中島元彦(57′-MF27:大本祐槻)
MF33:高木善朗(57′-MF31:堀米悠斗)
MF10:本間至恩(79′-MF24:ロメロ・ベロカル・フランク・ラーク)
FW9:ファビオ・ホベルト・ゴメス・ネット(79′-FW49:チョン・テセ)

實好礼忠コーチ(京都)
「うーーーーん…、力不足だったし、消極的だったことが反省です。
前への守備ができていなかったけれど、なんとか我慢して…とは思っていました…。
ただ、なかなかうまくいきませんでした。
なんていうんですかねぇ…リスクをかけてゲームを進めれば良かったんですが…。
守備のアグレッシブさ、攻撃のアグレッシブさをもう少し出して戦っていきたいですね」

アルベルト・プッチ・オルトネダ コーチ(新潟)
「チームは成長しつづけているね。
きょうもゲームを支配することができた。
交代選手が決勝点を決めた?
すばらしい選手が揃っているから、誰が出てもすばらしいプレイができるんだよ」

サンガスタジアムにサライが流れる(幻聴

20節になろうと30節になろうと奴らは言い続ける……
自分のサッカーの本番はまだ先なんだと……!
「やりたい本当のサッカー」を表現できてないから今はこの程度なんだと……
そう飽きず言い続け、結局は……シーズンは終わる……!
その間際、いやでも気が付くだろう……
今までやってきたサッカーすべてがまるごと「本物」だったことを……!
――「サッカー黙示録カイジ」より

う〜ん、完全死亡。
今シーズン作り上げていたサッカーが、同等以上の実力をもつ相手にはまったく通じないことがあらためてわかった一戦だった。
4-5-1を敷く相手に、5バック化する守備では相性が悪すぎた。
なおかつ、相手の終盤はボールを持てる選手が多い。
中盤で数的不利に陥っているうえに、スペースを埋められない。
前半からほぼ何もできない状態だった。

相手がボールをもったとき、まず構えることから始めて、そこからボール保持者に1人ずつプレスをかけるようでは、相手がミスしない限り、なかなかボールを奪えない。
そしてボールを奪ったとしても、5バック+中盤の3人が引きすぎているだけに、前にボールの出しどころがない。
新潟に面白いように、前からプレッシャーかけられていた。

まったくうまくいかない戦況に対して、選手交代以外何も手を打たなかった罪も大きい。
同じフォーメーション、同じサッカーで延々と90分。
相手のスカウティング、対策を講じてきたのか、といいたくなる無策ぶりだった。

とにかく、いまのサッカーは完全に「詰んだ」。
このやり方で精度を〜とか、強度を〜とか言っているうちに、今季が終わってしまいそうだ。
うん、ドラクエでいえば、パーティーの職業を間違えて育てちゃった感じ。
かなりドラスティックにトランスフォームしない限り、上昇気流に乗ることはないと言えるだろう。

そもそも今季開幕時は「3バックも4バックも両方できるように」と標榜していた。
にも関わらず、ここまで3バックでボランチを1枚にするか2枚にするかぐらいしか手を打っていない。
調子がよくないときも、バイス-庄司-ウタカのセンターラインは頑なに守ってきていた。
實好氏はゲーム後のフラッシュインタビューで「攻守にアグレッシブさを」を話していたが、いまのリトリート中心のサッカーではなかなかアグレッシブさを出しにくいだろう。
チーム全体のベクトルをもう少し「前向き」にできるようなサッカーを期待したい。
例えば、ハイラインの4バック?
バイスのアンカー?
高い位置にウイングを置く?
とにかく、このまま変化がなければ、ウタカ個人頼みでシーズンが終わってしまいかねない。
あしたから、なにか、動かないと。

【J2第24節】ジュビロ磐田 1-2 京都サンガF.C.

ジュビロ磐田 1-2 京都サンガF.C.
日時:2020年10月4日(日)16:03KO
会場:静岡県小笠山総合運動公園スタジアム “エコパ”(曇 24.8℃ 56%/4,278人)
主審:松尾一
6′-磐田/小川航基
60′-京都/ピーター・マドゥアブチ・ウタカ(右足←バイス)
90+2′-京都/ピーター・マドゥアブチ・ウタカ(ヘッド←黒木)

■ジュビロ磐田(3-4-1-2)
GK1:八田直樹
DF38:山本義道
DF2:今野泰幸(89′-DF3:大井健太郎)
DF15:伊藤洋輝
MF14:松本昌也(89′-MF34:針谷岳晃)
MF7:上原力也
MF23:山本康裕
MF8:大森晃太郎(66′-DF24:小川大貴)
MF10:山田大記
FW16:中野誠也(73′-MF26:藤川虎太朗)
FW9:小川航基(66′-FW11:ルキアン・アラウージョ・ヂ・アウメイダ)

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK34:若原智哉
DF46:森脇良太(62′-DF25:上夷克典)
DF23:ヨルディ・バイス
DF6:本多勇喜
MF10:庄司悦大
MF2:飯田貴敬
MF29:中野克哉(46′-FW18:野田隆之介)
MF31:福岡慎平(82′-MF11:曽根田穣)
MF5:黒木恭平
FW15:仙頭啓矢(73′-MF22:谷内田哲平)
FW9:ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

鈴木政一コーチ(磐田)
「やろうとしてきたサッカーを、選手たちが意識をもってやってくれたと思うのぅ。
結果が出せればよかったんだけれど、正直すまなかった。
『ボールサイドは同数になるように』と選手とは話してきた。
ただ、そうならないで、バランスがよくなかったシーンもあった。
次の試合に向けて、改善して、楽にゲーム運びができるようにしたいんじゃ」

ピーター・マドゥアブチ・ウタカ(京都)
「ここ2試合、ゴールという結果が出てなかったんでね。
いまはとてもハッピーな気分だよ。
ジュビロはベリーベリーハイレベルなチーム。
特に、前半はファンタスティックなサッカーをしていたと思う。
パスもスピーディで、われわれは正直何もできなかったよ。
でも後半になって、選手を代えて、相手とマッチアップするようにマークをするようにしたのさ。
そして、同点ゴールを取ることができた。
われわれは、パワーとエナジーをさらに加えることができたんだ。
もちろん自分も最後までワンチャンスを決めてやろうと思っていたよ」

實好礼忠コーチ(京都)
「うーーん、大宮戦で流れが悪いときに立て直せなくて…。
メンタルが悪い状態から、リバウンドできるように話し合ってきていました。
きょうもあっさり失点してしまったけれど…。
なんとか踏ん張ることができましたね。
後半は、メンバーを代えて、ウタカをトップ下にして自由に動けるようにして、インサイドの選手といいポジションを取れるようにしました。
そのおかげか、ウタカのストロングな部分を出せてよかったです。
相手を1点に抑えられた?
うーーーーん、それよりは“油断”のほうが気になりますね」

ウタカ様のおかげ様

この勝利はデカいなぁ〜。
京都を上回る負け数「7」の北九州のほうが順位は上なことからもわかるように、引き分け勝ち点「1」を積み重ねてもなかなか上にはいけない。
勝ち点「3」が必要な季節、なのだ。

しかし、前半の京都はひどかった。
連戦の疲れからか、チーム全体が重く、運動量が少ない。
パスを出すところがない、だからパスを出すのが遅い、そしてパスを出しても受け手との呼吸が合わない。
バイスが中野にブチ切れてたけれど、スターティングメンバーがなぜこの11人だったの?……と言いたくなったよね。

後半仙頭を中盤に下げてボールをある程度回せるようにはなったけど、相手を崩すような場面も少なかった。
一方で磐田には、かんたんに楔のパスを入れられ、裏への抜け出しも許して、危ないシーンも多かった。
そんな中でウタカの個人技からの同点ゴールは大きかった。
そして、磐田の決定力欠如にも助けられたな。

思ったのは、「守備に移った際はまずリトリート、5バック化するサッカー」が機能しなくなっているなということ。
相手ボールホルダーに強くプレスをかけない
→明確なボールの取りどころがない
→相手のボール回しに合わせて、スライドを繰り返して「受け」に回る時間が多い
→おかげで、チーム全体に躍動感が生まれない。ボールを奪えても、前に人数が足りてないので、素早い展開にもいけない
→結果、自分たちのリズムでボールを持てる時間が減る
……という悪循環になっているのだろうか。
アントニオ猪木に闘魂注入してほしいほど、やる気&元気がないサッカーになってしまっているのだ。
で、5バック化して後ろを固めているのに、きょうは裏のスペースに走られ、さっくり失点。
ならば、なんで後ろを重くしているのか?という話になる。

同じポゼッション志向でも、昨シーズンのサッカーだとボールホルダーには前線からプレッシャーをかけていた。
前に向けてプレスをかけているので、奪った後も素早く展開ができる。
さっとウイングにボールが渡る。
そこで一旦バックパスをすることになったとしても、自分たちのペースでボールを保持する時間を増やせることができる。
結果、ゲームを支配できていた。
もちろん、相手チームに引いてカウンター作戦を取られ、迷走してしまったんだけれど。

季節的にだいぶ涼しくなって中で、いまのサッカーを続けてよいのか。
大宮の高木さんには「構えてるだけの守備」と喝破されていた。
もう少し攻守に運動量をあげ、前半からチーム全体が躍動できるような方向にアレンジしていかないと、勝ち点3を取り続けることは難しいのではないか?
そう、感じさせられた一戦だった。

【J2第23節】ジェフユナイテッド市原・千葉 0-0 京都サンガF.C.

ジェフユナイテッド市原・千葉 0-0 京都サンガF.C.
日時:2020年9月30日(水)19:03KO
会場:千葉市蘇我球技場 “フクアリ”(1,768人/晴時々曇 20.2℃ 70%)
主審:谷本涼

■ジェフユナイテッド市原・千葉(4-2-2-2)
GK1:新井章太
DF37:本村武揚
DF15:チャン・ミンギュ
DF16:鳥海晃司
DF33:安田理大
MF4:田口泰士
MF39:見木友哉
MF13:為田大貴
MF10:船山貴之(90+3′-FW21:アラン・ロペス・ピニェイロ)
FW44:川又堅碁(44′-FW24:山下敬大)
FW9:クレーベル・ラウビ・ピニェイロ “クレーベ”

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK34:若原智哉
DF16:安藤淳
DF23:ヨルディ・バイス
DF6:本多勇喜
MF10:庄司悦大
MF2:飯田貴敬
MF11:曽根田穣(84′-MF29:中野克哉)
MF31:福岡慎平(84′-MF22:谷内田哲平)
MF5:黒木恭平(90+5′-MF8:荒木大吾)
FW14:中川風希(53′-FW18:野田隆之介)
FW9:ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

田口泰士選手(市原・千葉)
「お互い、守備意識は高かった。
そんな中で後半、自分たちの時間帯をつくろうと、意識的にボールを保持してリズムがでてきたと思う。
残念ながらチームは勝ち点を失い続けている。
いまは失った勝ち点を取り返して積み上げていかなければならないんだ」

ユン・ジョンファンコーチ(市原・千葉)
「選手を代えなかったのできょう結構きついと思ったんですけど、選手たちは気合が入っていたと思う。
ボールを持つ時間もあったけれど、シュートまでのシーンが少なかった。
そのあたり、“質”の部分が課題になってくると思う。
相手もリトリートしていたので、そこを崩すアイデアが足りなかった」

實好礼忠コーチ(京都)
「お互い、う〜ん……スキをみせないようなゲームでした。
どうしてもボールが足元足元になっていたので……。
ハーフタイムでは相手を広げるために裏への意識を強くするように指示しました。
(ウタカが下がってゲームを作っていたが)
ウタはいろんなことができるんでね(笑)、おまかせでやらせてました。
その代わり曽根田、福岡が裏へアクションして、前を向けるシーンも増えていたので、どこかでゴールを仕留めたかったのが正直なところです。
ワイドにボールが入ったりもしたので、そこからいいコンビネーションで仕掛けていけるかなぁ〜と思ってたんですけどね」

ヤマなしオチなし意味なし

フクアリが暗いこともあって「自粛ムードか?」と思ってしまったぐらい!
ヤマなし、オチなし、意味なし――やおいサッカーともいうべき、低調な一戦だった。

ずっとターンオーバーをしてきた千葉が、スタメンをいじらず、交代枠も2つしか使わなかったのは謎。
対する京都は、先発起用、交代カードの切り方、および切る時間。
ベンチワークのすべてに疑問が残った。

試合後に實好さんが振り返ったとおり、千葉がコンパクトな陣形を敷いてきたため、裏への飛び出しがほぼ皆無。
ボールは繋げど、攻めに“奥行き”がなかった。
さらに、ウタカ-庄司-バイスという“30代センターライン”は連戦でさすがに疲労が目立った。
ウタカはときに踏ん張りきれず、庄司はボールを貰いに行く動きがいつもより少なく、バイスも競り合いで少し精彩を欠いていた。
前半、こんなサッカーを展開するぐらいなら、ウタカは後半投入ぐらいでちょうどいい。
きょうのスタメン11人がスタートで本当によかったのか?
後悔の念を覚えたのだった。

また、後半千葉がボールを持てるようになってきたことに対して、無策すぎたのも気になった。
交代カード、野田以外を切るのがおそすぎた印象。
シーズンも後半戦になり、降格圏にある上位チームとは差がある。
勝ち点3を取るために遮二無二ならないといけない「秋」だ。
しかし、ベンチからはそういった空気が感じられなかった。

ミッドウィーク開催のため現地には行けなかったけれど、行ってたら
(´;ω;`)お金返して
と言いたくなっただろうな…。
返す返すも、残念感たっぷりのゲームだった。