Home

Sex & Books & Football

【J2第9節】京都サンガF.C. 1-1 松本山雅FC

京都サンガF.C. 1-1 松本山雅FC
◇日時:2017年4月22日(土)15:03KO
◇会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(7625人/晴 17.2℃ 20%)
◇主審:東城穣 “ミノル”
52’-京都/田中マルクス闘莉王(右足←ハ・ソンミン)
63’-松本/飯田真輝


■京都サンガF.C.(4-2-2-2)
GK1:菅野孝憲
DF30:石櫃洋祐
DF3:高橋祐治
DF15:染谷悠太
DF6:本多勇喜
MF5:吉野恭平
MF8:ハ・ソンミン
MF22:小屋松知哉(90+2′-FW31:大黒将志)
MF13:岩崎悠人
FW4:田中マルクス闘莉王
FW9:ケヴィン・オリス

■松本山雅FC(3-4-2-1)
GK16:村山智彦
DF31:橋内優也
DF4:飯田真輝
DF13:後藤圭太
DF3:田中隼磨
MF20:石原崇兆
MF5:岩間雄大
MF15:宮阪政樹(90+3′-MF7:武井択也)
MF10:工藤浩平
FW8:セルジーニョ(77’-FW19:山本大貴)
FW9:高崎寛之

反町康治コーチ(松本山雅)
「きょうの京都のサッカー? 見てのとおりですよね。何が“チームの武器”になるかというと、選手の持っている力を攻撃面で出せるかどうかだと考えるので、仮に私が京都を率いたとしても同じようなチャレンジをしていくんじゃないかなと思いますね。そこに岩崎(悠人)のように経験不足ですけど非常に将来性のある選手もいますし。こういうギリギリの戦いをするなかで将来の日本サッカーのためになってほしいと思います。昨季とは180度違うようなスタイルですけど、PUFFYじゃないですけど『これが京都の生きる道』じゃないかと思います」(http://www.yamaga-fc.com/match/detail/2017-j2-match9)



風が強かった、この日。
風上からスタートした京都は、カトQさん時代を思い返すような、ハイボールどっかんどっかん作戦。
最終ラインからも手数を掛けずに前へロングボールを放り込む。
それでボールが収まってしまうんだから、闘莉王&オリスの“恐怖のTO砲”は恐ろしい…。

攻めの選択肢のもうひとつは、岩崎&小屋松の前のスペースにボールを送って、サイドライン際で走らせる――というもの。
ってことで、4-4-2というよりは「4-2-4」のような、前後分断型のサッカーが展開された。

ただ、松本も後半からしっかり修正。
菅野いわく「後半は風下になって、ラインが下がり過ぎた感じがする。そこで間延びした時間が増えて、特に僕たちの左サイドで相手に起点を作られて、結果的にそこから失点してしまった」と。
確かに前節もそうでしたが、岩崎が驚異的な運動量で左サイドを上下動するものの、後半はさすがに運動量落ちてきて、サイドバックとのマークの受け渡しもうまくいってない印象があった。

で、結果は得点も1点ずつ、ボール保持率もほぼイーブン。
ホームで勝ちたかったものの、まぁ結果的には妥当な感じかなと思ったり。

心配なのは、今完全に「個」をベースにしたサッカーをしていること。
攻撃では、闘莉王&オリスの2トップにほぼ依存していて。
例えばどちらかが怪我した瞬間に、新しい攻撃スタイルを構築する必要が出てくる。
守備では、相手へのプレスの掛け方が2トップから始めるわけでもなく、中盤でも個人がバラバラに動いているような時間が多いし。

果たして今のこのサッカーで進んでいくことに、どんな意味があるのか――?
勝ち点1は取れたものの、モヤモヤした気持ちが残る一戦だった。

【J2第8節】京都サンガF.C. 3-2 愛媛FC

京都サンガF.C. 3-2 愛媛FC
◇日時:2017年4月15日(土)15:03KO
◇会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(5429人/晴 23.5℃ 30%)
◇主審:清水勇人
45′-愛媛/近藤貴司
52′-京都/田中マルクス闘莉王(ヘッド←CK:石櫃)
72′-京都/田中マルクス闘莉王(右足)
90+1’愛媛/浦田延尚
90+2′-京都/田中マルクス闘莉王(左足←オリス)


■京都サンガF.C.(4-2-2-2)
GK1:菅野孝憲
DF30:石櫃洋祐
DF3:高橋祐治
DF15:染谷悠太
DF2:湯澤聖人
MF5:吉野恭平(79′-MF14:仙頭啓矢)
MF8:ハ・ソンミン
MF10:エスクデロ競飛王(65′-MF22:小屋松知哉)
MF13:岩崎悠人
FW4:田中マルクス闘莉王
FW9:ケヴィンオリス

■愛媛FC(3-4-2-1)
GK31:パク・ソンス
DF3:玉林睦実
DF23:林堂眞
DF2:浦田延尚
MF41:小池純輝
MF5:藤田息吹
MF8:小島秀仁(83′-MF10:安田晃大)
MF14:白井康介
FW20:河原和寿(68′-FW15:丹羽詩温)
FW11:神田夢実(54′-FW9:有田光希)
FW7:近藤貴司


提出フォーメーションとはまったく違う4-4-2、闘莉王FW起用という汚いやり方(笑)。
しかし、3バックであろうが4バックであろうが、サイドを簡単に突破されてクロスまで上げさせてしまうのは相変わらず。
しかし、闘莉王&オリスの前線である程度キープができるので、今までの試合のように「ずっと相手側にペースを握られる」ということはなくなった。
3ゴールは…正直、闘莉王の個人能力に依るところが多いかなと…てか、すごい。

【J2第7節】横浜FC 2-0 京都サンガF.C.

横浜FC 2-0 京都サンガF.C.
◇日時:2017年4月8日(土)17:03KO
◇会場:横浜市三ツ沢公園球技場 “ニッパ球”(2908人/曇 17.2℃ 90%)
◇主審:世界の西村雄一
61′-横F/アブドゥラーヒム・ラーヤブ “イバ”
71′-横F/アブドゥラーヒム・ラーヤブ “イバ”(pen.)

■横浜FC(4-2-2-2)
GK1:高丘陽平
DF2:藤井悠太
DF20:カルフィン・ヨン・ア・ピン
DF5:西河翔吾
DF3:田所諒
MF8:佐藤謙介
MF6:中里崇宏
MF19:ジョン・チュングン
MF7:野村直輝(81′-MF21:増山朝陽)
FW14:アブドゥラーヒム・ラーヤブ “イバ”
FW11:三浦知良 “カズ”(59′-DF22:永田拓也)


■京都サンガF.C.(3-4-2-1)
GK1:菅野孝憲
DF17:牟田雄祐
DF15:染谷悠太
DF6:本多勇喜
MF30:石櫃洋祐
MF18:望月嶺臣
MF14:仙頭啓矢(69′-FW10:エスクデロ競飛王)
MF2:湯澤聖人
FW13:岩崎悠人
FW16:イ・ヨンジェ(74′-FW31:大黒将志)
FW22:小屋松知哉(77′-FW9:ケヴィン・オリス)


チケットを買っておいたのに、体調不調で横浜まで行けなかった。
追ってDAZNで見たが、残念ながら行かなくて良かったとも言えるようなひどい試合…。
あ、中田さんのダンスは見たかったか。

【J2第6節】ジェフユナイテッド市原・千葉 2-2 京都サンガF.C.

ジェフユナイテッド市原・千葉 2-2 京都サンガF.C.
◇日時:2017年4月1日(土)14:03KO
◇会場:千葉県蘇我球技場“フクアリ”(7716人/雨のち曇 8.5℃ 64%)
◇主審:松尾一
8′-市・千/清武功暉
24′-京都/小屋松知哉
60′-京都/仙頭啓矢
90+1′-市・千/近藤直也

ジェフユナイテッド市原・千葉(3-1-4-2)
GK23:佐藤優也
DF37:キム・ボムヨン
DF3:近藤直也
DF20:若狭大志(62′-FW11:船山貴之)
MF15:熊谷アンドリュー
MF4:北爪健吾
MF6:山本真希(71′-MF21:ホルヘ・マルティン・サリーナス・マルティネス)
MF32:高橋壱晟
MF25:比嘉祐介(77′-MF22:羽生直剛)
FW8:清武功暉
FW9:ホアキン・オスカル・ラリベイ

京都サンガF.C.(3-4-2-1)
GK1:菅野孝憲
DF3:高橋祐治
DF15:染谷悠太
DF6:本多勇喜
MF30:石櫃洋祐
MF14:仙頭啓矢
MF18:望月嶺臣
MF2:湯澤聖人
FW19:大野耀平(72′-FW13:岩崎悠人)
FW22:小屋松知哉(87′-MF7:田村亮介)
FW16:イ・ヨンジェ


▼「これはだめかもわからんね」
今季、初現地観戦。
前半から思ったのは、「やばいな、この集団…」と。
ピッチ全域を見ると、DAZNで見る以上にやばかった。
そして、アディショナルタイムでのあっけない失点——タイムアップ。
冒頭の、日本航空JAL123便墜落事故(1985年)での機長のことばが思い出された。
余談ですがJALといえば、稲盛サンガ名誉会長があわせてJAL名誉会長も務められてますね、はい(はいじゃないが)。

—-

まず指摘すべきは、ピッチ上の選手の動き。
攻守において秩序がない。
どう攻め、どう守るか?
戦術・戦略がない。

守備面では、ボールホルダーに対して直近の選手が詰める…。
が、その周囲の選手が連動してプレッシングをしているわけではない。
だから、ひとりがつっかけてボールがこぼれても、マイボールになるわけでもない。
実質5バックなのに、相手アタッキングサードの局面でなぜか1対1になっている。

攻撃面では、パスが繋がらないったらありゃしない。
まず奪って最初のパスがミス、2本連続でパスが繋がるなんて、バックパス・横パス以外は数えるほど。
狙いがあるパス交換で相手を崩せたのってできたってのは、後半、石櫃選手が右サイドを深くえぐった1回だけじゃないですかね。
ドイヒーで、心の中がモヤモヤさまぁ〜ずでした。

ま、それでも千葉の極端なハイライン、さらにGKが極端に前に出る布陣のミスをついて、2点は取れたという僥倖。
その他も相手のバックライン背後に高いボールを蹴り込み続けるだけで、チャンスは作れてたんですがね。

—-

続いて、采配面もやばい。
実質5バックなのに、サイドではなぜか1対1になる局面が多く、何度クロスを上げられたことか。
リードしてから、ジェフが布陣を変えたのに、特に対策も取らず。
牟田も下畠もベンチに入れておきながら、バックラインにひとり加えてハイクロスに対抗するという、“王道”な策を取ることもなく。
“時間稼ぎ”の交代をするわけでもなく。

さらに、千葉のフアン・エスナイデル氏がプレーが止まっているとき何度か個別に選手を呼んで指示を出しているのに対して、布部氏は立って声を出しているだけ。
それが選手(イ・ヨンジェ)に伝わってないと判断したのか、通訳がテクニカルエリアを飛び出して指示を送るという、なんともいただけないシーンもあった。

—-

そんなわけで、今やってるサッカーのクオリティでいえばバドゥさん、WADAさん以下という印象だ。
つまりは、近年ではワーストというのが現状。

2節終了時点にして早くも「次期指揮官のリストアップを」と書いたけど、今すでに“墜落寸前”って感じですね。
最悪J3覚悟で、指揮官ともども若手の成長に期待する1年と切り替えるならば、続投でもいいんでしょうけど。
ただ、いつ解任、もしくは辞任があってもおかしくない“末期感”がフクアリからは漂っていました。
ちょうど、森内棋士もフリークラスに転身しましたし…!

【J2第5節】京都サンガF.C. 1-0 V・ファーレン長崎

京都サンガF.C. 1-0 V・ファーレン長崎
◇日時:2017年3月25日(土)15:03KO
◇会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(5854人/曇 16.9℃  21%)
◇主審:清水修平
42′-長崎/ファン・マヌエル・デルガド・ジョリア “ファンマ”

京都サンガF.C.(3-4-2-1)
GK1:菅野孝憲
DF3:高橋祐治
DF17:牟田雄祐
DF15:染谷悠太
MF30:石櫃洋祐
MF5:吉野恭平
MF18:望月嶺臣(53′-MF14:仙頭啓矢)
MF6:本多勇喜
FW19:大野耀平
FW22:小屋松知哉(79′-MF8:ハ・ソンミン)
FW16:イ・ヨンジェ

V・ファーレン長崎(3-4-2-1)
GK1:増田卓也
DF13:乾大知
DF2:田代真一(89′-DF23:北谷史孝)
DF5:田上大地
MF3:飯尾竜太朗
MF10:養父雄仁(77′-MF16:宮本航汰)
MF15:島田譲
MF28:翁長聖
MF19:澤田崇
MF7:幸野志有人(74′-MF20:中村慶太)
FW9:ファン・マヌエル・デルガド・ジョリア “ファンマ”

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top