蹴球日本

【J2第20節】京都サンガF.C. 0-3 大宮アルディージャ

京都サンガF.C. 0-3 大宮アルディージャ
日時:2018年6月23日(土)18:03KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(4218人)
主審:柿沼亨
40′-大宮/茨田陽生
54′-大宮/大前元紀
75′-大宮/マテウス・ドス・サントス・カストロ


◾️京都サンガF.C.(4-2-2-2)
GK21:清水圭介
DF30: 石櫃洋祐
DF15:染谷悠太(77′-DF17:牟田雄祐)
DF24:増川隆洋
DF6:本多勇喜
MF8:重廣卓也
MF14:仙頭啓矢
MF22:小屋松知哉(69′-MF11:湯澤洋介)
MF35:福岡慎平
FW10:エスクデロ競飛王(62′-FW19:大野耀平)
FW13:岩崎悠人

◾️大宮アルディージャ(4-2-2-2)
GK22:笠原昂史
DF20 :酒井宣福
DF4:山越康平
DF3:河本裕之
DF6:河面旺成
MF15:大山啓輔
MF7:三門雄大
MF8:茨田陽生(85′-MF17:横谷繁)
MF16:マテウス・ドス・サントス・カストロ
FW28:富山貴光(90+2′-MF39:嶋田慎太郎)
FW10:大前元紀(80′-FW34:佐相壱明)


うーん、ナイトゲームになって雰囲気も変わるかと思ったら…。
まったくそんなことはなかったですな、はい。
ピッチに照らされた光線。
そして繰り広げられた敗戦。
サポのブーイングには耳栓。
…って韻、踏んでいる場合じゃね!(※この展開、数年ぶり)。

正直、大宮もそこまで怖いチームではなかった。
けど、こういう相手にもスコーンと負けるのは京都が、単純に、弱いから。
J1に昇格したときに鹿島とかにやられてたような、単純な「力負け」感を感じた。

だいたい、大宮が途中交代で入れてきた横谷も嶋田も、いまの京都ならスタメンクラス。
そしてシモヴィッチまで温存されている始末。
補強を頑張らないと、「落ちひ〜ん」とか言っていられない。
現に徳島や福岡などは動いているし、すでに立ち遅れているわけだし。

蹴球日本

【J2第19節】東京ヴェルディ 3-1 京都サンガF.C.

東京ヴェルディ1969 3-1 京都サンガF.C.1922
日時:2018年6月16日(土)18:03KO
会場:東京都調布市東京スタジアム(4463人)
主審:松尾一
21′-京都/レンゾ・ロペス・パトロン(ヘッド← エスクデロ)
36′-東V/林陵平
53′-東V/佐藤優平
75′-東V/林陵平


◾️東京ヴェルディ1969(4-1-2-3)
GK21:上福元直人
DF23:田村直也(52′-DF5:平智広)
DF3:井林章
DF4:畠中槙之輔
DF24:奈良輪雄太
MF8:内田達也
MF33:渡辺皓太
MF38:梶川諒太(83′-MF20:井上潮音)
FW35:藤本寛也
FW11:林陵平
FW16:佐藤優平(71′-MF17:リ・ヨンジ)

◾️京都サンガF.C.1922(4-1-2-3)
GK21:清水圭介
DF6:本多勇喜
DF17:牟田雄祐
DF26:下畠翔吾
DF30:石櫃洋祐
MF35:福岡慎平
MF8:重廣卓也(61’-MF22:小屋松知哉)
MF10:エスクデロ競飛王
FW14:仙頭啓矢
FW9:レンゾ・ロペス・パトロン
FW13:岩崎悠人


久しぶりのスタジアム、生観戦は…完敗だったでござる。
とりあえず、ボールを繋ごうという意思は感じた。
しかし、最終ラインの段階ですでに行き詰まってた!

そこからボランチとのパス交換から相手のマークを剥がしたり、そういう方策がなかった。
染谷の累積、増川の負傷で出番が回って来たセンターバックコンビも、不安定だったし。

唯一生で見てよかったのは、福岡くんの予備的守備。
京都攻撃時にボールを奪われた際、ヴェルディの最初にパスがきそうな選手に対応して、カウンターを未然に防いでいる場面があった。
その運動量を含めて、ユース世代とは思えない、堂々たる振る舞い。
若い選手の成長を楽しむことぐらいかな…、今の見どころは。

蹴球日本

【J2第18節】京都サンガF.C. 0-1 松本山雅FC

京都サンガF.C. 0-1 松本山雅FC
日時:2018年6月9日(土)15:03KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(8,149人)
主審:大坪博和
77′-松本/前田大然


■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK34:若原智哉
DF15:染谷悠太(70′-DF17:牟田雄祐)
DF24:増川隆洋
DF6:本多勇喜
FW10:エスクデロ競飛王
MF30:石櫃洋祐
MF14:仙頭啓矢
MF35:福岡慎平(84′-FW9:レンゾ・ロペス・パトロン)
MF22:小屋松知哉
FW13:岩崎悠人
FW4:田中マルクス闘莉王(48′-FW19:大野耀平)

■松本山雅FC
GK1:守田達弥
DF4:飯田真輝
DF18:當間建文
DF5:岩間雄大
MF47:岩上祐三
MF20:石原崇兆
MF6:藤田息吹
MF14:パウロ・ロベルト・ゴンサガ “パウリーニョ”
MF25:前田直輝(70′-MF10:工藤浩平)
FW7:前田大然(78′-MF13:中美慶哉)
FW38:永井龍(89′-FW19:山本大貴)


ジュロヴスキー・サンガの攻撃、特にビルドアップの局面でやりたいことがなんとなく見えてきた。

基本はポゼッション志向。
最終ラインでボールを持った際、3バック+ゴールキーパーでパスを回しながら、相手のプレスの隙間を探す。
理想は、そこから中盤のハーフスペースにうまくボールを運びたいんだろうけど、なかなかそこまでは…。
ただボール回しで時間を作りつつ、増川あるいはエスクデロがサイドに張った岩崎にロングボールを放り込んで、そこで基点を作りたいようだった。

2トップのタスクは、ポストプレイヤー(闘莉王、大野)が中央に張って相手ディフェンダーを引きつけつつ、スピードプレイヤー(岩崎)がワイドに流れて相手最終ラインの裏をつく動きを繰り返す、というもの。
ただ、きょうは闘莉王、大野とも低調で、前線でボールを収める役割を果たせたとは到底言えない出来。

最終ラインからのポゼッションでゴールまでたどり着きたい、ただそのためのソリューション(解決策)がまだ確立されていない。
そんな感想だ。
志は悪くないけれど、ピッチ上でやりたいサッカーができるまではまだ時間がかかりそう。

蹴球日本

【全日本サッカー選手権大会2回戦】京都サンガF.C. 1-3 ツエーゲン金沢

京都サンガF.C. 1-3 ツエーゲン金沢
日時:2018年6月6日(水)19:00KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(816人)
主審:堀格郎
34′-金沢/垣田裕暉
73′-京都/レンゾ・ロペス・パトロン
109′-金沢/山﨑雅人
114′-金沢/佐藤洸一

■京都サンガF.C.(3-1-4-2)
GK21:清水圭介
DF17:牟田雄祐
DF3:宮城雅史(76′-一発退場)
DF26:下畠翔吾
MF35:福岡慎平(103′-MF5:マティアス・エセキエル・カセラス・タベルナ)
MF11:湯澤洋介(57′-MF16:沼大希)
MF8:重廣卓也
MF18:望月嶺臣
MF7:田村亮介(92′-DF2:磐瀬剛)
FW9:レンゾ・ロペス・パトロン(82’FW13:岩崎悠人)
FW19:大野耀平

■ツエーゲン金沢(4-2-2-2)
GK22:田尻健
DF3:作田裕次
DF13:石田崚真
DF16:毛利駿也
DF39:庄司朋乃也
MF11:杉浦恭平(84′-MF17:加藤大樹)
MF6:大橋尚志
MF26:藤村慶太(119′-MF4:小柳達司)
MF14:金子昌広(66′-MF7:清原翔平)
FW19:垣田裕暉(90+4’:FW30:山﨑雅人)
FW9:佐藤洸一

蹴球日本

【J2第17節】ツエーゲン金沢 1-3 京都サンガF.C.

ツエーゲン金沢 1-3 京都サンガF.C.
日時:2018年6月2日(土)19:03KO
会場:石川県西部緑地公園陸上競技場(5473人)
主審:中村太
22′-京都/仙頭啓矢
76′-京都/石櫃洋祐
88′ -京都/大野耀平
90+4′-金沢/佐藤洸一


■ツエーゲン金沢(4-4-2)
GK23:白井裕人
DF16:毛利駿也
DF27:廣井友信
DF3:作田裕次
DF45:沼田圭悟
MF7:清原翔平
MF26:藤村慶太
MF6:大橋尚志
MF17:加藤大樹(71′-MF14:金子昌広)
FW19:垣田裕暉(77′-MF11:杉浦恭平)
FW29:ロドリゴ・メネセス・キンタニーリャ “マラニョン”(46′-FW9:佐藤洸一)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK34:若原智哉
DF30:石櫃洋祐
DF15:染谷悠太
DF24:増川隆洋
DF6:本多勇喜
MF3:宮城雅史
MF14:仙頭啓矢
MF10:エスクデロ競飛王
MF13:岩崎悠人(90+1′-MF36:上月壮一郎)
FW9:レンゾ・ロペス・パトロン(54′-FW19:大野耀平)
MF22:小屋松知哉(90′-MF35:福岡慎平)