【J2第31節】ファジアーノ岡山 3-0- 京都サンガF.C.

ファジアーノ岡山 3-0- 京都サンガF.C.
日時:2019年9月8日(日)19:03KO
会場:岡山県総合グラウンド陸上競技場 “Cスタ”(1万3098人/晴 29.4℃ 64%)
主審:吉田哲朗
22′-岡山/仲間隼斗
28′-岡山/山本大貴
90+2′-岡山/中野誠也

■ファジアーノ岡山(4-2-2-2)
GK22:一森純
DF39:増谷幸祐
DF8:田中裕介
DF4:濱田水輝
DF2:廣木雄磨
MF14:上田康太
MF6:喜山康平
MF17:関戸健二
MF19:仲間隼斗(90+3′-DF21:椋原健太)
FW15:山本大貴(56′-FW7:中野誠也)
FW9:イヨンジェ(66′-MF16:武田将平)

■京都サンガF.C.(5-2-3)
GK34:若原智哉
DF30:石櫃洋祐(66′-MF50:藤本淳吾)
DF16:安藤淳
DF4:田中マルクス闘莉王(86′-MF32:上月壮一郎)
DF6:本多勇喜
DF5:黒木恭平
MF10:庄司悦大
MF31:福岡慎平
FW14:仙頭啓矢
FW23:一美和成(63′-MF44:中坂勇哉)
FW22:小屋松知哉

迷いが招いた自滅

ここ数節、攻撃が空転していたからとはいえ、石櫃、黒木を高めにした3バック採用には驚いた。
この布陣がシーズン序盤、まったく機能していなかったからだ。
最近攻撃が空転していて、なにか変化がほしかったとはいえ、数ヶ月前にうまくいなかった地点に戻ってしまうとは…。

ボールを持った石櫃、黒木がハーフウェイライン付近で相手に囲まれて、無理に突破をかかろうとする姿は、混迷する今のサンガを象徴するようだった。
単独突破を図ろうにももう少し高い位置で、なおかつ味方を集めてボールを取られてもすぐ奪い返せるようにする。
そのための“遅攻”だったはずが、数的不利で相手のプレスにさらされ、ボールをカットされ、そのまま速攻を許してしまう。
いままで貫いてきた戦術・戦法もぶれてしまった。

そして田中、一美を同時先発起用したことで、試合終盤、前線にパワーを与える選手が手札になく、反撃のゴールすら奪えず。
――かなり内容の乏しいゲームだった。

おそらく次節は、戦術やフォーメーションは元に戻して、前線、中盤で選手を入れ替えて、リスタートかなと。
台風一過で、今度こそすっきりとした勝利が見てみたい。

【J2第30節】徳島ヴォルティス 2-1 京都サンガF.C.

徳島ヴォルティス 2-1 京都サンガF.C.
日時:2019年8月31日(土)19:04KO
会場:徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場 “ポカスタ”(5,109人/雨のち曇 23.6℃ 86%)
主審:窪田陽輔
79′-徳島/渡井理己
88′-徳島/杉本竜士
90+5′-京都/中坂勇哉(左足ボレー←仙頭)

■徳島ヴォルティス(3-4-2-1)
GK21:梶川裕嗣
DF5:石井秀典
DF3:ヨルディ・バイス
DF7:内田裕斗
MF15:岸本武流(71′-DF22:藤田征也)
MF8:岩尾憲
MF32:小西雄大
MF13:清武功暉(71′-MF14:杉本竜士)
MF16:渡井理己(86′-MF44:島屋八徳)
MF11:野村直輝
FW9:河田篤秀

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK1:加藤順大
DF30:石櫃洋祐(64′-MF44:中坂勇哉)
DF16:安藤淳
DF6:本多勇喜
DF5:黒木恭平
MF10:庄司悦大
MF31:福岡慎平
MF13:宮吉拓実(75′-MF8:重廣卓也)
FW14:仙頭啓矢
FW23:一美和成(85′-DF4:田中マルクス闘莉王)
FW22:小屋松知哉

八月の狂詩曲(ラプソディー)

“作戦負け”、なのかな。

徳島は可変フォーメーションで来た。
攻撃時はウイングの岸本、清武が高い位置を取る3-2-5。
守備時は岸本が最終ライン近くに降ちて、渡井が右サイドハーフ、野村が2トップの一角に入る4-4-2。

おそらく狙いとしては…。
まず守備では京都のボール回しのスタート地点である2センターバックに2トップを当ててきた。
一方、前線の基点・一美にはヨルディ・バイスが激しいプレッシャーをかけ、ほぼ自由を許さなかった。
また、京都のサイドチェンジにもチーム全体がスライドして対応。
そして攻撃では、渡井、野村が交互に引いて、京都の最終ラインの前、アンカー・庄司の横の位置でボールを受けて、タメをつくる。
特に試合開始から15分ぐらいは、京都はボールを収めることにも奪うことにも苦心しており、徳島が圧倒する展開が続いていた。

で、危ないシーンはありながらも、清武の宇宙開発とか、加藤の好セーブでなんとかしのいでいたのだが…。
渡井のうまい抜け出しからのゴール、続けて杉山のゴラッソで万事休す。
これで、4試合白星なし、と。

唯一の好材料といえば、中坂の期限付き移籍初出場、初ゴールぐらいか。
インサイドハーフの位置から個人技で突破を挑むような、ピッチ中央で縦への推進力を発揮できる選手は、いまのラインナップではいないだけに貴重な存在。
相手が守備のポジションを固めた“穴熊状態”だと、ボックスの周りでパスを回すだけで、そこから“ブレイク”することができていないのが、いまの京都の問題点。
ボックス外からいいミドルシュートを打てる選手もいないので、相手としては「ゴール前を固めておけばOK」の気持ちになっている。
そんな現状を、中坂のような個人技をもつ選手の“仕掛け”でなんとかできたら。
“足踏み”だった8月、でも来月からはまた心機一転で踏ん張りたいよね。

【J2第29節】京都サンガF.C. 1-1 アビスパ福岡

京都サンガF.C. 1-1 アビスパ福岡
日時:2019年8月24日(土)19:03KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(7,774人/曇一時雨 27.5℃ 65%)
主審:清水勇人
14′-京都/石櫃洋祐(右足)
※69′-福岡/森本貴幸PK失敗
76′-福岡/田邉草民

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK1:加藤順大
DF5:黒木恭平
DF6:本多勇喜
DF16:安藤淳
DF30:石櫃洋祐
MF10:庄司悦大
MF31:福岡慎平(80′-DF4:田中マルクス闘莉王)
MF41:金久保順(86′-MF8:重廣卓也)
FW14:仙頭啓矢
FW23:一美和成(85′-MF20:ジュニオール・シウヴァ・フェレイラ “ジュニーニョ”)
FW22:小屋松知哉

■アビスパ福岡(3-1-4-2)
GK1:ジョン・アンデル・セランテス・シモン
DF4:山田将之
DF6:ウォン・ドゥジェ
DF39:篠原弘次郎
MF28:加藤大
MF3:石原広教
MF8:鈴木惇
MF19:田邉草民(83′-MF17:松田力)
MF22:輪湖直樹
FW13:木戸皓貴(66′-FW10:城後寿)
FW15:森本貴幸(74′-MF14:前川大河)

あの夏で待っている

停滞感をぶっこわす!
――といきたいところだったけど、前半の押せ押せからの〜、後半はゲームを支配されてドロー。
京都からゴールを守る党党首・セランテス選手には止められまくってしまった。
まぁ、森本のPK失敗を考えると、勝ち点を拾ったと言ってもよいのかな。

苦戦した要因としては、福岡のシステム変更にうまく対応できないまま、時間が過ぎてしまったことが挙げられる。
福岡は後半から、加藤大アンカーの3-1-4-2から、加藤+鈴木Wセンターハーフの3-4-2-1にスイッチ。
2〜3年前ぐらいからJ2のトレンドで、井原監督時代でも使っていた「慣れしたんだフォーメーション」だ。
で、最終ラインでボールを持ったら、京都の3トップのプレスをいなしつつ、長いボールをスペースに出して基準点を作ろうとしてきた。
前からのプレスを突破されると、京都は中盤が3枚で数的不利に陥り、加えて福岡のセンターハーフふたりはキープ力が高いため、結構な時間ボールをもたれることに。
そして、後半途中からは福岡に攻め込まれる展開が続いた。

惜しむらくは、追いつかれるまで選手交代や布陣変更の手が打てなかったこと。
80分、闘莉王投入で3バックにしたけど、60分ぐらいからあやしい空気が漂っていたので、そのあたりでも良かったのかな、とも思ったり。

ざっくり言っちゃうと、「成長の階段の踊り場が来た」という感じでしょうか。
ざっくりし過ぎか(笑)。
もうワンステップ、チームが成長するためには、停滞感を打破するような勝利がほしいところだ。
ただ、これから徳島、岡山と難敵が続き…!
9月は正念場、ですね。

【J2第28節】水戸ホーリーホック 3-0 京都サンガF.C.

水戸ホーリーホック 3-0 京都サンガF.C.
日時:2019年8月17日(土)18:03KO
会場:茨城県水戸市立競技場 “Kスタ”(4,810人/曇 30.7℃ 59%)
主審:上田益也
17′-水戸/黒川淳史
45+1′-水戸/オウンゴール
83′-水戸/小川航基

■水戸ホーリーホック(4-2-2-2)
GK50:松井謙弥
DF23:外山凌
DF24:細川淳矢
DF22:瀧澤修平
DF7:志知孝明
MF18:白井永地
MF8:前寛之
MF17:福満隆貴(76′-DF38:宮大樹)
MF10:木村祐志(56′-MF45:浅野雄也)
FW32:黒川淳史(86′-FW11:村田航一)
FW19:小川航基

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK1:加藤順大
DF32:上月壮一郎
DF26:下畠翔吾(77′-DF16:安藤淳)
DF6:本多勇喜
DF5:黒木恭平
MF10:庄司悦大
MF8:重廣卓也
MF41:金久保順(57′-DF4:田中マルクス闘莉王)
FW20:ジュニーニョ(42′-MF14:仙頭啓矢)
FW23:一美和成
FW22:小屋松知哉

繋げども繋げども

ポジショナルなチームスタイルは進化している。
ビルドアップ――最終ラインからショートパスを繰り返して、時間を作りつつチーム全体を押し上げる。
崩し――ボールサイドにプレイヤーを多く配置して、斜めのダイレクトパスで相手守備陣から抜け出すことを狙う。
攻守の切り替え――ボールを奪われても、近くにいる選手がアグレッシブにプレスをかけて、すぐ奪い返そうとする。

しかし…点が入らないんだよなぁ(苦笑)。
きょうも前半から右サイド、上月、ジュニーニョという新しいコンビながらも、かなり早いパス交換を繰り返すシーンがあった。
ただ、ペナルティーエリアの両外側を中心にパスを回すことが多く、ボックスの中への侵入や、サイドを深くえぐって…というシーンはなかなか作れなかった。
京都のスタイルが固ってくるにつれて、相手の対応も「ペナの中やバイタル以外なら、ある程度ボールは持たせてよい」になってきているなと思った。

さて、どうやってゴールを奪うか問題だ。
好調・一美は残し闘莉王を前線にして、4-4-2にするのが、前節と今節のやり方だったけど、それでもだめならどうするか?
きょうのベンチは大野がいたけど、本当なら違うタイプの点取り屋がほしいところ。
あと、ウイングでドリブラーを入れて変化をつけるか。
はたまた、中盤で強いミドルを打てるシューターを投入するとか。
いずれにせよ、なんらかの変化をもたらせることができるプレイヤーが必要なのかもしれない。
そういう“色”をもった選手の台頭を期待したい。

という意味で、上月の今季初出場は興味深かった。
彼のような突破力がある選手がゲームに使えるようになれば、シーズン後半に大きな力になる。
ただ、右サイドバック起用はびっくり(・へ・)
福岡の負傷があったのかもしれないけど、今の京都においてサイドバックに求めているものが、ちょっと他のチームとは違うんだよね。

【J2第27節】京都サンガF.C. 2-2 栃木SC

京都サンガF.C. 2-2 栃木SC
日時:2019年8月10日(土)19:03KO
会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(6,420人/晴 31.4℃ 55%)
主審:池内明彦
39′-栃木/西谷和希
59′-栃木/大黒将志
73′-京都/小屋松知哉(左足)
86′-京都/一美和成(左足)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK1:加藤順大
DF31:福岡慎平
DF16:安藤淳
DF6:本多勇喜
DF5:黒木恭平
MF10:庄司悦大
MF13:宮吉拓実(57′-MF8:重廣卓也)
MF41:金久保順(64′-DF4:田中マルクス闘莉王)
FW20:ジュニーニョ(87′-MF29:中野克哉)
FW23:一美和成
MF22:小屋松知哉

■栃木SC(5-3-1-1)
GK50:ユ・ヒョン
DF37:浜下瑛
DF4:藤原広太朗(71′-DF30:田代雅也)
DF36:乾大知
DF15:森下怜哉
DF45:瀬川和樹
MF31:三宅海斗(78′-MF29:川田拳登)
MF5:ヘニキ・ルイス・ヂ・アンドラーデ
MF26:枝村匠馬
FW10:西谷和希(80′-MF21:大﨑淳矢)
FW9:大黒将志

2-0は危険なスコア

お盆の帰省に合わせて、1ヶ月ぶりの現地観戦。
新幹線京都駅着18時ちょい過ぎでしたが、さすが西京極、ゆっくり間に合いました。
亀岡でも大丈夫そう、かな?(JRの運行間隔次第?)。

さて、ゲームの方は正直、苦戦だった。
5-4-1のブロックでゴール前に“バスを止める”栃木に対して、京都はその外側からボールを回して、スキを伺う。
しかし、ビシッと縦パスとか、相手をぶっちぎるドリブルなどはほぼ皆無で、「前半相手を守備で奔走させて、運動量が落ちた後半勝負かな」という雰囲気が京都イレブンからは漂っていた。
ウイングの選手にボールを配給するのも、崩しというより、出しどころがない“逃げ”のパスが多かったように思えた。
実際、小屋松知哉選手のコメントでも
「(黒木)恭平くんとも『相手を走らせて、後半に体力が落ちていくところで勝負していこう』という話をしていました」
と言及があったから、選手たちも後半勝負の心理状況だったのかなと。

そんなある意味“余裕”があった状況で、相手の単独突破によるカウンターから先制点を奪われてしまう。
このあとも特に前半は、仕掛けのマインドに欠けていたというか…。
ピッチの湿気同様、重苦しい展開が続いた。

ここで、試合後の中田一三氏のコメント。

「集中を欠いたという訳ではないと思うんですけども、なんとなく入りとして『誰かがやってくれるんじゃないか』というような雰囲気を少し感じていました。後半は『自分が』という仕掛けのところがプレーに表れて、失点した後にはなるんですけども攻撃的になって、メンバー交代も含めて追い付けたと」
「2失点してからの戦い方というのは、常に立ち上がりから、ベーシックにやれる力をいまは持っているので。なぜそれを出さないのかというところは瞬時に気付いて、自分たちから積極的に、意図的にアクションを起こさないと、望んでいるものは手に入らないんだろうなというふうに思います」

https://www.jleague.jp/match/j2/2019/081012/live/#coach

ゲームを支配しているチームが、余裕を見せて試合に入って、失点を重ね敗北するのはよくあること。
それに前半からガンガン行ってくれれば、観客にとっても最初から楽しく見られるというか、前半流して後半勝負だと45分が無駄になっちゃうもんね(笑)。
とはいえ、前半から飛ばして点が取れず、運動量が落ちて後半カウンターでやられるということもあるので、なんとも言えないところだ。

で、きょうに関しては、闘莉王FW投入で2トップにして、相手DFをボックスに集めさせたことが功を奏したように思う。
サイドがやや空いて、守備ラインも下がってしまい、そこから小屋松の“無双状態”がスタートした。
2ゴールが生まれて同点になって、西京極の観客席もイケイケ状態に。
そこから、勝ち越すチャンス、勢いはじゅうぶんあっただけに、2-2はちょっと惜しかった。
負けナシは10戦まで継続したものの、勝ち越せないところに少し物足りなさも感じる一戦だった。

振り返ってみると、ボール支配率は実に78%!
うーん、ヴェルディ永井新指揮官の「ボール支配率80%を目指す」もあながち“大ボラ”じゃないのか…。