【J2第2節】京都サンガF.C. 1-0 徳島ヴォルティス

京都サンガF.C. 1-0 徳島ヴォルティス
◇日時:2017年3月4日(土)15:03KO
◇会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(5948人)
◇主審:東城 “TJ”穣
90′-京都/田中マルクス闘莉王(右足←オリス)

■京都サンガF.C.(3-4-2-1)
GK1:菅野孝憲
DF15:染谷悠太
DF4:田中マルクス闘莉王
DF6:本多勇喜
MF30:石櫃洋祐
MF5:吉野恭平
MF14:仙頭啓矢
MF2:湯澤聖人(55′-DF24:内田恭兵)
FW10:エスクデロ競飛王
FW16:イ・ヨンジェ(62′-FW13:岩崎悠人)
FW31:大黒将志(55′-FW9:ケヴィン・ジュリエンヌ・ヘンリクス・オリス)

■徳島ヴォルティス(3-5-1-1)
GK21:梶川裕嗣
DF20:キム・ジョンピル
DF5:石井秀典
DF2:ニコラ・ヴァシリェヴィッチ
MF22:広瀬陸斗
MF4:藤原広太朗
MF8:岩尾憲
MF6:カルロス・ペレイラ・ベルト・ジュニオール“カルリーニョス”(74′-MF23:前川大河)
MF27:馬渡和彰
MF26:杉本太郎(82′-FW16:渡大生)
FW17:山﨑凌吾(59′-FW18:佐藤晃大)


▼早々に、指揮官“Switch”も?
うーん…。
2試合連続、ひどい試合だった。
得点はパワープレーのみ。
攻守にわたって、何をしたいのか?
ピッチ上からはまったく伝わってこなかった。
指導からキャンプまで、何が行われていたのだろうか。

DAZNで他試合を眺めている限り、京都サンガの“戦術力”はJ2ボトム3といったところ。
他チームが外国籍監督を呼んだり、実績のある監督を起用していて、今季のJ2はかなりハイレベルな戦いになる予感がある。
そんな中で、2試合の段階ながら早くも京都から“ヤバイ”匂いしかしない。

今季昇格できなければ、予算規模を大きく削らざるを得ない――。
そう、フロントが明言しておきながら、京都との縁もなく、また、コーチ経験しかない人材を指揮官として招いたこと。
そしてその人物が、名古屋から来た小島卓強化担当の親友という事実。
京都は、指揮官として“良くないカード”を引いてしまったのだろうか?
しかし、祖母井⇒バドゥさんラインといい、人事に“私情”を入れると本当に良くないよね…。

さらに、アンバランスな選手補強も気になった。
京都出身者を大量に雇用したとはいえ、昨年来言われているプレースキッカーは不在なまま。
堀米、岩沼退団による“左利き”の選手も不足している。

2試合を見て思ったことは、「今季もまた、シーズン中の指揮官解任が見られるかもしれないな」ということ。
シーズン開幕から、こんなに暗い気持ちになるのは久方ぶり(バドゥさん、和田サンのときも開幕当初は良かった)だなぁ、って思いました。

【J2第1節】京都サンガF.C. 1-2 モンテディオ山形

京都サンガF.C. 1-2 モンテディオ山形
◇日時:2017年2月26日(日)14:03KO
◇会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(8857人)
◇主審:三上正一郎
35′-山形/瀬沼優司
57′-山形/鈴木雄斗
90′-京都/ケヴィン・ジュリエンヌ・ヘンリクス・オリス(ヘッド←岩崎)

■京都サンガF.C.(3-4-2-1)
GK1:菅野孝憲
DF15:染谷悠太
DF4:田中マルクス闘莉王
DF6:本多勇喜
MF30:石櫃洋祐
MF5:吉野恭平
MF8:ハ・ソンミン(59′-MF14:仙頭啓矢)
MF2:湯澤聖人
FW10:エスクデロ競飛王
FW16:イヨンジェ(59′-FW13:岩崎悠人)
FW31:大黒将志(82′-FW9:ケヴィン・ジュリエンヌ・ヘンリクス・オリス)

■モンテディオ山形(3-4-2-1)
GK1:児玉剛
DF15:加賀健一
DF5:菅沼駿哉
DF20:茂木力也
MF10:鈴木雄斗
MF14:本田拓也
MF8:風間宏希(82′-MF7:松岡亮輔)
MF2:瀬川和樹(90+2′-DF13:石川竜也)
MF9:瀬沼優司
MF18:南秀仁(67′-DF6:山田拓巳)
FW11:阪野豊史

2017年シーズン京都サンガF.C.選手一覧(1月13日現在)


2017 squad
GK
GK
菅野孝憲
埼玉県
1984/5/3
32

☆契約更新
GK
清水圭介
兵庫県
1988/11/25
28

☆契約更新
GK
永井建成
京都府
1995/7/7
21

←ロアッソ熊本(J2)より完全移籍
GK
若原智哉
滋賀県
1999/12/28
17

☆契約更新
DF
DF
CB
田中マルクス闘莉王
ブラジル
1981/4/24
35

←名古屋グランパス(J2)より完全移籍
DF
CB
染谷悠太
東京都
1986/9/30
30

☆契約更新
DF
CB
牟田雄祐
福岡県
1990/9/22
26

☆契約更新
DF
CB
高橋祐治
滋賀県
1993/4/11
23

☆契約更新
DF
CB
麻田将吾
長野県
1998/7/6
18

←京都サンガF.C.U-18より昇格
DF
右SB
石櫃洋祐
大阪府
1983/7/23
33

☆契約更新
DF
右SB
内田恭兵
静岡県
1992/11/5
24

☆契約更新
DF
右SB
下畠翔吾
滋賀県
1992/5/8
24

☆契約更新
DF
右SB
湯澤聖人
茨城県
1993/10/10
23

←柏レイソル(J1)よりローン移籍
DF
左SB
本多勇喜
愛知県
1991/1/2
26

☆契約更新
MF
MF
CH
ハ・ソンミン
大韓民国
1987/6/13
29

←蔚山現代(韓国)より完全移籍
MF
CH
吉野恭平
宮城県
1994/11/8
22

←サンフレッチェ広島(J1)よりローン移籍※継続
MF
CH
望月嶺臣
滋賀県
1995/1/18
21

←名古屋グランパス(J2)より完全移籍(昨季はレノファ山口へローン移籍)
MF
SH
伊東俊
北海道
1987/10/29
29

←モンテディオ山形(J2)より完全移籍
MF
SH
仙頭啓矢
大阪府
1994/12/29
22

←東洋大学より加入
MF
SH
島村拓弥
岡山県
1999/3/6
17

←京都サンガF.C.U-18より昇格
FW
FW
CF
大黒将志
大阪府
1980/5/4
36

←モンテディオ山形(J2)より復帰
FW
CF
ケヴィン・ジュリエンヌ・ヘンリクス・オリス
ベルギー
1984/12/6
32

←仁川ユナイテッド(韓国)より完全移籍
FW
CF
キロス・スタンレイ・ソアレス・フェハス
ブラジル
1988/8/21
28

(未定)
FW
CF
大野耀平
東京都
1994/12/6
22

←常葉大学浜松より加入
FW
AK
エスクデロ競飛王
スペイン
1988/9/1
28

☆契約更新
FW
AK
イ・ヨンジェ
大韓民国
1991/6/8
25

☆契約更新
FW
AK
小屋松知哉
京都府
1995/4/24
21

←名古屋グランパス(J2)より完全移籍
FW
AK
田村亮介
奈良県
1995/5/8
21

☆契約更新
FW
AK
岩崎悠人
滋賀県
1998/6/11
18

←京都橘高校より加入
on loan
GK
山田元気
岐阜県
1994/12/16
22

→レノファ山口(J2)へローン移籍
DF
齊藤隆成
大阪府
1994/4/30
22

→水戸ホーリーホック(J2)へローン移籍
DF
磐瀬剛
千葉県
1995/6/28
21

→FC岐阜(J2)へローン移籍※継続
DF
大西勇輝
奈良県
1996/7/30
20

→奈良クラブ(JFL)へ育成型ローン移籍※継続
MF
永島悠史
京都府
1996/7/12
20

→FC岐阜(J2)へローン移籍
MF
荻野 広大
京都府
1997/5/2
19

→カマタマーレ讃岐(J2)へローン移籍※継続
FW
石田雅俊
千葉県
1995/5/4
21

→ザスパクサツ群馬(J2)へローン移籍
FW
沼大希
大阪府
1997/4/22
19

→ガイナーレ鳥取(J3)へ育成型ローン移籍
OUT
GK
杉本大地
神奈川県
1993/7/15
23

→横浜F・マリノス(J1)へ完全移籍
DF
菅沼駿哉
大阪府
1990/5/17
26

→モンテディオ山形(J2)へ完全移籍
MF
山瀬功治
北海道
1981/9/22
35

※契約満了→アビスパ福岡(J2)へ完全移籍
MF
佐藤健太郎
三重県
1984/8/14
32

※契約満了
MF
岩沼俊介
群馬県
1988/6/2
28

※契約満了→AC長野パルセイロ(J3)へ完全移籍
MF
アンドレイ・ジロット
ブラジル
1992/2/17
24

※ローン終了→トンベンセFCからシャペコエンセ(ブラジル)へローン移籍
MF
堀米勇輝
山梨県
1992/12/13
24

→ヴァンフォーレ甲府(J1)へ完全移籍
MF
和田篤紀
兵庫県
1993/2/9
23

※契約満了
MF
國領一平
滋賀県
1993/7/31
23

※契約満了→AC長野パルセイロ(J3)へ完全移籍
FW
ダニエウ・サントス・シウヴァ “ダニエル・ロビーニョ”
ブラジル
1989/1/9
28

※契約満了
FW
有田光希
新潟県
1991/9/23
25

※契約満了→愛媛FC(J2)へ完全移籍
FW
矢島卓郎
滋賀県
1984/3/28
32

※契約満了→現役引退
FW
三根和起
大阪府
1993/4/18
23

※契約満了→ヴァンラーレ八戸(JFL)へ完全移籍

【2016J1昇格プレーオフ準決勝】セレッソ大阪 1-1 京都サンガ

セレッソ大阪 1-1 京都サンガ
◇日時:2016年11月27日(日)15:34キックオフ
◇会場:大阪府長居球技場 “金スタ”(1万3922人/雨 13.2℃ 90%)
◇主審:松尾一
13分-C大/柿谷曜一朗
90分-京都/有田光希(右足←菅沼)


セレッソ大阪(4-2-2-2)
GK21:キム・ジンヒョン
DF15:松田陸
DF4:藤本康太
DF23:山下達也
DF14:丸橋祐介
MF41:山口蛍
MF6:エリアス・バルボサ・デ・ソウザ
MF18:清原翔平(81分-DF17:酒本憲幸)
MF9:杉本健勇
FW8:柿谷曜一朗(86分-FW19:田代有三)
FW29:澤上竜二(70分-MF24:山村和也)

京都サンガF.C.(4-2-2-2)
GK1:菅野孝憲
DF30:石櫃洋祐
DF2:菅沼駿哉
DF20:高橋祐治
DF6:本多勇喜
MF37:吉野恭平
MF8:アンドレイ・ジロット
MF14:山瀬功治(46分-MF11:堀米勇輝)
MF9:ダニエウ・サントス・シウヴァ “ダニエウ・ロビーニョ”(73分-FW36:キロス・スタンレイ・ソアレス・フェハス)
FW10:エスクデロ競飛王
FW16:イ・ヨンジェ(66分-FW17:有田光希)



サンガ無念、ドローでJ1逃す PO、C大阪と岡山が決勝へ : 京都新聞

サンガは前半13分、ミドルシュートのこぼれ球を柿谷に押し込まれ、先制された。後半は攻勢を強め、45分に途中出場の有田が右足で蹴り込んで同点としたが、及ばなかった。


プレーオフは特別な試合、であるはずだが…。
きょうの試合も、今シーズンの戦い方通り――“2016年の京都サンガ”が凝縮した内容だったと思う。
そういう意味で悔しいけれども、ある意味“納得の敗戦”であった。

今シーズンの京都の戦いぶりが不安定だった理由、集約するなら下記の3点が挙げられるのではないだろうか。
[1]攻撃では、ゴールが奪う明確な“型”が存在しない
[2]守備が“ディレイベース”なため、相手の出足・プレスが早いと中盤で主導権を失う
[3]劣勢時に流れを変えられる戦力不足、および劣勢時に力を出す“メンタリティ”不足

攻守の問題、[1][2]については何度か触れたとおり。
[3]について、そもそも今シーズン、逆転勝利は
・第6節山形戦(3-2)
・第14戦北九州戦(2-1)
に限られる。
そして、両試合ともに前半で同点に追いついている。
データ通りに言えば、きょう前半0-1で終わった段階で、もう昇格が消えていたのかもしれない。

相手が先制されると、なかなかゴールが奪えないのは何度も何度も見てきた。
ある程度、守備を固められた場合、J2のどの順位にいる相手にたいしてでも、ゴールが遠かった。
その背景には、もちろんゴールを奪う“道筋”が最後まで確立できなかった戦術的な問題もあるし、スーパーサブ的な選手がいない戦力的な問題もある。
夏のキロスを取ったものの、シーズン後半戦、彼の高さを生かして、彼を囮にしてゴールを奪うことは、ほぼできなかった。
しかし、きょうは早めにキロスを入れてハイボール作戦に賭けるしかなかったのは、半ばギャンブルでもあっただろう。
ただ、それ以外の策があったかといえば…。

きょうの石丸コーチの選手起用、および選手交代については、特に大きな問題はなかったと、個人的には思う。
ならば、乱暴にまとめるなら、結局運も実力も京都は“足りなかった”――そういうことで納得せざるをえないだろう。



と、まぁ冷静に振り返ってみましたが、これで今シーズンはおしまいかぁ。
日常業務が忙しくて、生観戦もままならなかったのもあるけど、気持ち的になかなかのめり込めなかった2016年だったなと。
和田サンのときよりはましとはいえ、見ていてモヤモヤした気持ちがずっとありました。
攻守に連動性もなく、思い切りもなく、躍動感もなく。
サイド攻撃からのクロスで点を取るのか、パス交換で点を取るのか、ショートカウンターで点を取るのか…なんだか、よく分からないまま。
若手で育ったのも高橋くんぐらいで。

守備ベースのバランスサッカーでは、J2でさえ勝ちきれないことは分かったわけだし。
それにユースの森岡さんもいなくなるし、トップ・下部組織含めて、どういうサッカーを志向していくのか?
今シーズンで一度整理することになるのかなと思ったりします。
その延長線上で、指揮官を誰にするか?も決まってくるハズじゃないかと思います。
取り急ぎ、そんなところできょうは。

【J2第42節】V・ファーレン長崎 0-2 京都サンガ

V・ファーレン長崎 0-2 京都サンガ
◇日時:2016月11月20日(日)14:04キックオフ
◇会場:長崎県立総合運動公園陸上競技場 “トラスタ”(5509人/曇 22.4℃ 71%)
◇主審:吉田寿光
21分-京都/山瀬功治(ヘッド←石櫃のロングスロー)
57分-京都/イ・ヨンジェ(左足)