【J1第16節】京都サンガF.C. 1-1 名古屋グランパスエイト

京都サンガF.C. 1-1 名古屋グランパスエイト
日時:2024年5月26日(日)15:03KO
会場:愛知県豊田市豊田スタジアム(2万3,405人/晴 24.7℃ 42%)
主審:上村篤史
35′-京都/豊川雄太(右足←平戸)
76′-名古屋/椎橋慧也

■名古屋グランパスエイト(3-4-2-1)
GK1:”ミッチ” ミッチェル・ジェイムズ・ランゲラック
DF5:吉田温紀(46′-MF34:内田宅哉)
DF3:ハ・チャンレ
DF20:三國ケネディエブス
MF7:和泉竜司(81′-MF17:倍井謙)
MF15:稲垣祥
MF8:椎橋慧也
MF41:小野雅史(28′-MF27:中山克広)
FW14:森島司
FW18:永井謙佑(57′-FW77:キャスパー・オーランド・ユンカー)
FW10:アンデルソン・パトリッキ・アギアール・オリヴェイラ “パトリック”(57′-FW11:山岸祐也)

■京都サンガF.C.(4-1-2-3)
GK94:ク・ソンユン
DF2:福田心之助
DF24:宮本優太
DF3:麻田将吾
DF44:佐藤響
MF19:金子大毅
MF7:川﨑颯太
MF39:平戸太貴(82′-FW31:平賀大空)
FW23:豊川雄太(60′-FW13:宮吉拓実)
FW14:原大智(89′-FW11:山﨑凌吾)
FW18:松田天馬

椎橋慧也選手(名古屋)
「スカウティングの段階からペナの外は空いてくるという情報があった。
キャスパーから戻ってきたボールを、相手に当たって入ってよかったです」

曺貴裁コーチ(京都)
「勝ち点3は取れなかったですが、それに値するような内容でした。
われわれが目指している、11人が12人、13人に見えるようなフットボールを取り戻せたと思います。
ピッチに出た選手、出なかった選手、京都に残っている選手含めて、これがサンガだというものを見せられた。
ここから、また成長していきます」

愁嘆場からの勝ち点1

確かに、プレッシングの面では機能していた。
京都は変わったのか?
いや、そう判断するのはまだ時期尚早だろう。
きょうに関しては、相手のおかげだった可能性もある。
名古屋の場合、センターバックからの持ち上がりや、中盤でのプレスを剥がす動きが少なかった。
それゆえ、強いプレスが〝効きやすかった〟だけかもしれない。

また、京都が変わってない点がひとつあった。
失点の仕方だ。
同点にされたシーンは、いつかどこかで見たようなもの。
相手に押し込まれると、京都の選手たちが下がりすぎてしまってボックスに選手が密集。
その結果、椎橋選手が語っているように、ボックスの外にいる相手をフリーにして、ミドルシュートを打たれたり、セカンドボールを拾われ2次攻撃、3次攻撃に繋げられてしまうのだ。
守備時のポジショニング、ゾーンの受け渡しなどで改善が必要だろう。

久しぶりに勝ち点1は取れたもの、まだ最下位。
名古屋と比べれば、交代選手が量・質ともに厳しいという事実もある。
次のセレッソ戦、どういう戦いを見せ、どういう結果を残せるか……?
今季の分水嶺となりそうだ。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.