【J2第13節】レノファ山口FC 1-1 京都サンガF.C.

レノファ山口FC 1-1 京都サンガF.C.
◇日時:2017年5月13日(土)13:03KO
◇会場:山口県山口市維新百年記念公園陸上競技場(4220人/晴 28.7℃ 35%)
◇主審:上田益也
※13′-京都/田中マルクス闘莉王PK失敗
21′-京都/小屋松知哉(左足)
58′-山口/パク・チャニョン(ヘッド←CK:小塚)


■レノファ山口FC(4-2-2-2)
GK1:村上昌謙
DF21:廣木雄磨
DF16:パク・チャニョン
DF18:香川勇気
DF19:星雄次
MF5:佐藤健太郎
MF14:髙柳一誠(83′-MF20:清永丈瑠)
MF8:小野瀬康介
MF40:小塚和季
FW22:和田昌士(83′-MF15:池上丈二)
FW7:岡本英也(56′-FW27:大石治寿)

■京都サンガF.C.(4-2-2-2)
GK1:菅野孝憲
DF30:石櫃洋祐
DF3:高橋祐治
DF26:下畠翔吾
DF6:本多勇喜
MF5:吉野恭平
MF18:望月嶺臣(88′-DF15:染谷悠太)
MF22:小屋松知哉(79′-MF14:仙頭啓矢)
MF20:伊東俊
FW4:田中マルクス闘莉王
FW16:イ・ヨンジェ(69′-FW31;大黒将志)


山口は主力がだいぶ流出したため、昨シーズンまでのパスサッカーができていない印象。
足下へのパスを受けたレシーバーが狭い位置でターン、そこにオーバーラップした選手が関わってくるという「つむじ風」のようなサッカーをしていたのだが、そうしたシーンを見られたのは散発的だった。

とはいえ、山口の前半リトリート、後半は一転プレスという戦術に、京都は徐々に押される展開。
選手のクオリティから考えれば、楽に勝ててもいいようなものなんだが、崩しの切り札となっていた岩崎の不在で攻撃にキレがなく、ヨンジェ、伊東も特筆すべき活躍はなし。

dazn調べで、
ボール支配率=山口51%:京都49%
シュート数(枠内)=山口12(9):京都13(5)
パス数(成功率)=507(76%):京都419(71%)

スタッツから見ても、ドローも妥当だという試合だったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*